Close

TOKUGAWA KAMPFKUNST 22.08.2020 – 15 Uhr

Der Deutsch-Japanische Hain in Todendorf ist ein friedvoller Ort der Einkehr und Besinnung – geweiht ist er den schönen Künsten.…

NAGASAKI GEDENKEN

Dieses Jahr haben wir den Nagasaki Tag zum Gedenken ausgewählt, nachdem in den vergangenen Jahren die Zeremonie auf dem Hiroshima…

Mittsommer@Mitsuko 20. Juni 2020

Das Programm des Mittsommers am Schloss Mitsuko ist wie immer vielgestaltig.  Wir freuen uns die japanische Konzertpianistin, Klangkünstlerin und Musikpoetin…

シンプル化の方法 16: ひし代 – 思考の根拠から考える

今年のシンプルさへの道は、公平性と即時性の分野であるZENの領域に私たちを連れて行きます。 今年は「シンプルさの方法」展が開催されます。シーズンは午後2時30分5分から始まります。我々はコロナのパンデミックの限界と一緒に暮らさなければならないだろうし、それにもかかわらず提供する多くのエキサイティングなハイライトを持っている、今後数ヶ月間の特別なシーズンの準備をしています。皆さんのご来場をお待ちしております。 博物館はすでに再び開かされており、訪問することができます。マスクの要件があり、展示スペースごとに最大2名まで許可されています。

Tanabata 7. Juli 2020, 16 Uhr

Die japanische Community zelebriert diesen Tag ausgiebig: Tanabata (七夕), das romantische Sternenfest aus Japan. Die zwei Sterne Wega und Altair…

ポーラ – 記憶

エルブニッセ・フォン・クリーグ、ゲウォルト・ウント・ラシスムス・ベゲグネテン教授 ハインリヒ・ヨハン・ラデロフは、同級生のポーラと別の22人の死のパラダイムを語った。この上に、彼は2004/05にヘニング・シュミエトによって音楽に設定され、ベルリンとブレーメンで初演されたレクイエムを書きました。rbbはこの作品を記録した。バウアースタジオのニュークランカタログではまだ入手できます。 これらの考えや経験のうち、教授。ラデロフは、戦争、暴力、人種差別に対するサインを設定するために、ラゲの近くのカミンの近くの森に石を取り、多くは彼の模範に従い、小さな石の丘の真ん中に立って小さな石を置きました。 戦争、暴力、人種差別に対する毎年の記念式典を開催しています。 私たちは心からそうするようお招きします。

Paula – a memory

Die Erlebnisse von Krieg, Gewalt und Rassismus begegneten Prof. Heinrich Johann Radeloff paradigmatic in the death of his schoolmate Paula…

End of content

No more pages to load

Schloss Mitsuko - Deutsch Japanischer Freundeskreis Todendorf e.V. 2001-2021
%d Bloggern gefällt das: