Kategorie: Uncategorized

ギスーキムデイドリームズ

アーティストのギスー・キムは、写真を新しいイメージの世界に変える独自の特別なテクニックを開発しました:「フォトステッチ」 その過程で、画像や画像要素が縫い付け、ピアスされ、縫い付けられています。画像は全く新しい世界を明らかにし、夢のようなステージングのメッセージを伝えます。そのアーティストはオープニングのために出席します。 展覧会はカメリアフェスティバルのために開かれ、26日まで開かれます。2019年5月。

Weiterlesen

Gisoo Kim Day Dreams

The artist Gisoo Kim has developed an extraordinary technique of her own to transform photography into new image worlds: "Photo-Stitching" In the process, images and image elements are sewn and pierced and sewn through. Images reveal completely new worlds and convey messages of dreamlike stagings. The artist will be present for the opening. The exhibition will be opened for the Camellia Festival and will be open until the 26th. May 2019.

Weiterlesen

Paula – a remembrance 1. May 2019

Die Erlebnisse von Krieg, Gewalt und Rassismus begegneten Prof. Heinrich Johann Radeloff paradigmatic in the death of his schoolmate Paula and another 22 people. above this he wrote a requiem, which was set to music by Henning Schmiedt in 2004/05 and premiered in Berlin and Bremen. The rbb recorded this work. It is still available in the Neuklang catalogue of Bauer Studios . Out of these thoughts and experiences, Prof. Radeloff took a stone in the forest near Cammin near Laage to set a sign against war, violence and racism, many following his example and laying small stones around, so that the obelisk stands in the middle of a hill

Weiterlesen

ポーラ – 思い出 1. 2019 年 5 月

エルブニッセ・フォン・クリーグ、ゲウォルト・ウント・ラシスムス・ベゲグネテン教授 ハインリヒ・ヨハン・ラデロフは、同級生のポーラと別の22人の死のパラダイムを語った。この上に、彼は2004/05にヘニング・シュミエトによって音楽に設定され、ベルリンとブレーメンで初演されたレクイエムを書きました。rbbはこの作品を記録した。それはまだバウアースタジオのヌクランカタログで入手可能です. これらの考えや経験のうち、教授。ラデロフは、戦争、暴力、人種差別に対するサインを設定するために、ラゲの近くのカミンの近くの森に石を取り、多くは彼の模範に従い、小さな石の丘の真ん中に立って小さな石を置きました。 戦争、暴力、人種差別に対する毎年の記念式典を開催しています。 私たちは心からそうするようお招きします。

Weiterlesen

100 years premiere of Beethoven's 9. Symphony Remember DAIKU

Daiku – 100 years premiere of Beethoven's 9. Symphony in Japan   The concert had to be postponed to 03.10.2018 at 11 a.m. On the occasion of the 100th anniversary of the premiere of Beethoven's 9th Symphony at the Bando POW camp in Japan by German soldiers, the Japanese Embassy and the Ministry of Foreign Affairs of Japan have asked institutions and German-Japanese societies to participate in the official commemorative events Can. For this we have won the improvisational ensemble ADAM NOIDLT MISSILES, which has already played at documenta 8, in many European museums (most recently Ludwig-Forum, Lehmbruck-Museum…), an improvisational concert on the themes of the 9th century. Beethoven's symphony

Weiterlesen

ベートーヴェンの9の100年初演。シンフォニー・リメンバー・ダイク

大久 – ベートーヴェンの9の100年初演。日本の交響曲   コンサートは午前11時に03.10.2018に延期されなければならなかった。 ベートーヴェン9周年記念100周年を記念して ドイツ軍兵士による日本の坂戸POWキャンプでの交響、日本大使館、外務省は、公式記念行事への参加を機関や日独社会に要請した。Cna。 このために、我々はすでにドキュメンタ8で演奏している即興アンサンブルADAM NOIDLTミサイル、多くのヨーロッパの博物館(最近ルートヴィヒフォーラム、レームブルック博物館…)、9世紀をテーマにした即興コンサートを獲得しました。ベートーヴェンの交響曲は「記憶大曲-自由の喜び」というタイトルで演奏されます。 この交響曲は日本とヨーロッパ(ヨーロッパの国歌)の両方で最も重要なので、ベートーヴェンの作品を紹介するだけでなく、それを処理して舞台に上げる特別なコンサートを持って来ることは特別な関心事でした。 コンサートは大使館や外務省の公式行事(http://www.de.emb-japan.go.jp/aktuelles/DAIKU_2018_Projekte.html)に含まれており、その種類は絶対にユニークです。  

Weiterlesen

茶道 – 伝統茶道 2018

08で。2018年9月、裏千家ティースクールの神奈川県のティーマスターがゲストとしてゲストとしてお客様とします。午後2時と4時に伝統的な茶道を行います。茶師の岡田さんはメクレンブルクに特に旅をし、栽培地域から直接使われるお茶を持って来ます。城への訪問者は、心からチャドに招待されています。コストをカバーするために、5ユーロ(プラス) 入り口城)。ティートレイルの詳細は、http://www.urasenke.deの裏千家ティースクールのページをご覧ください。  

Weiterlesen

The Way of Tea – Traditional Tea Ceremony 2018

On 08. September 2018, the tea masters from Kanagawa (Japan) from the Urasenke Tea School will be guests. They will perform a traditional tea ceremony at 2 and 4 p.m. Tea master Okada travels specifically to Mecklenburg and brings the tea used directly from the growing area. Visitors to the castle are cordially invited to the Chado. In order to cover the costs, a contribution of 5 euros (plus entrance castle). Further information on the tea trail can be found on the pages of the Urasenke Tea School at http://www.urasenke.de.  

Weiterlesen
%d Bloggern gefällt das: