Close

ポーラ – 記憶

エルブニッセ・フォン・クリーグ、ゲウォルト・ウント・ラシスムス・ベゲグネテン教授 ハインリヒ・ヨハン・ラデロフは、同級生のポーラと別の22人の死のパラダイムを語った。この上に、彼は2004/05にヘニング・シュミエトによって音楽に設定され、ベルリンとブレーメンで初演されたレクイエムを書きました。rbbはこの作品を記録した。バウアースタジオのニュークランカタログではまだ入手できます。 これらの考えや経験のうち、教授。ラデロフは、戦争、暴力、人種差別に対するサインを設定するために、ラゲの近くのカミンの近くの森に石を取り、多くは彼の模範に従い、小さな石の丘の真ん中に立って小さな石を置きました。 戦争、暴力、人種差別に対する毎年の記念式典を開催しています。 私たちは心からそうするようお招きします。

福島節子のフィニセージ代替植物学

一見すると、作品は自然史博物館から来ているようです。彼らは準備として自分自身を提示します。シンプルな木材で作られた展示ケースや箱は、多くのショーケース、本の山、細線の図面を作成したジョセフ・ブイの作品の形で平行線を示しています。ただし、コンテンツのアクセントはまったく異なります。福島節子の作品は、特に植物学と自然との対決にアーティストが関わっているコンテンツの点で異なる方向に向かっています。それは、保存、変更、形状、驚くべき接続を作成し、紙、陶磁器や木材、割り当てと並立のために、自然を横断するのに役立つすべての天然素材で動作します。オブジェクトは、なじみ深いと同時に、異種のように見えます。彼らは自然な文脈から切り離され、一種の科学的精度で隔離され、芸術品との歴史的、文学的、絵画的なつながりを形成することによって、芸術的な洞察力に至り、垣間見ることができます。、自然の芸術的な世界への窓、成長し、人工的に作成された1つのユニットにマージ。このように、視聴者は明らかに知られているものに驚くべき洞察を受け取ります。 本は本、本です。そうでないか?福島節子では、窓になり、小さな円形の景色を持つ物体、開いた本の前の窓は部分的にしか透明ではなく、本は視聴者にその内容を開きますが、完全に見えず、完全にアクセスできない、常に透明性と隠された漂白剤の間のゲーム、そして1つは本当にそれを見て、自然が1に向かって成長する小さなセクションで。このカタログのタイトルに見られるこの作品は、福島節子の作品の特徴であり、同時にアーティストの世界観の特徴であり、世界や環境全般に関する人間の知識の特徴としてもある。無知のベールは、存在と無、豊かさと空虚が一緒に属しているので、すべての知識の上に残ります。作品は細かく繊細で、何も抵抗せず、何も勇敢でなく、何も主張せず、むしろ空間が彼らに形を与えます。空虚は形態を満たし、表示ケースは、形のための空間内の空間であり、人工的および芸術的に自然のための宿泊施設である。 ラルフ・テペルアーティスティック・ディレクション・シュロス・ミツコ

日本展II – ペーパーアート

今年は、日本展で紙に焦点を当てます。私たちはコレクションで再びあなたのために興味深いものを検索し、多くを収集しました。びっくりさせなさい。展覧会は28日まで。2019 年 9 月

七夕 7. 2019年7月、午後4時

日本のコミュニティは、日本のロマンチックな星ライ祭り「七夕」というこの日を広く祝います。ウェガとアルテアの二人の星は、今、会社でしか会っていない。伝統によると、彼らは天の川によって分離されなければならないカップルです。日本では、この日にそれを必要とするすべての人を望むのが習慣です。

三ツ子城の茶室建設

このリンクの下のティーハウスのための集団基金:http://www.leetchi.com/c/bau-des-teehauses-fuer-das-schloss-mitsuko-japanmuseum 日本の親愛なる友人、親愛なる同僚、光子城の親愛なる友人、協会の親愛なるメンバー、 私は城でヘルパーと一緒に構築し始めた茶室の建設を促進するために、このコレクション基金へようこそ。確かに野心的なプロジェクトですが、今年は実施したいと考えています。残念ながら、プロジェクトを休んで材料を保管した長年の後、一方と他方が城で他のプロジェクトのために何度も何度も使用されたように、すべての木材が利用可能ではありません。梁は主にそこにありますが、また、アンダールーフクラッディングのために意図された木材が利用可能です。これで、屋根は後で覆われる予定です。私の労働力に加えて、私の知識、妻と私はまた、特に、接続技術や屋根の中で、多くのお金と支払いを貢献しています。しかし、それだけでは不十分です。特に床、引き戸、テラスについては、購入する必要がある材料の欠如があります。全体として、我々はインテリアの部品の生産のためのドナー美しい古いオークの板から受け取る特別な領域のために、少なくとも不可欠な部品を実行することができる1500 – 2000ユーロのさらなる最小要件を期待しています。 今年の秋から三ツ子城のお茶場で、皆さんとお客さんと一緒に素晴らしい茶道を体験できるのが一番楽しめるのが一番楽です。 ワンクリックで参加できます。あなたが望む限り多くを与えるすべての支払いは、インスタント転送、VISA、マスターカードまたはジロペイで安全です コレクションは、明確で透明で、迅速かつ扱いやすいため、クラウドファンディングポータルLeetchiを介して行われるため、迅速に前進することができます。 ありがとうございました ラルフ・テペル

Mittsommer@Schlossミツコ

今回は三光城の真夏のプログラムが非常に広いです。 城に止まるライナー・ユンハンスによるモンバサ海運プロジェクトを発表できることを嬉しく思います。 同時に、フェスマン氏とグローブの大石の集落の間の道でスティントを体験することができ、日本のサウンドアーティスト、カギトミは日本の木立の死んだ部族から健全なインスタレーションを構築します。 5月8日に開催RAUM_FÜR_RAUMデュッセルドルフと共同で開催された展覧会「シンプルさへの道 – ユーゲンはキューブ&ボックスを満たしています。.」 2019年6月にオープンします。 「小さな」茶道に参加できます。これらは午後2時、午後3時、午後4時に行われます。 もちろん、ガイド付きツアーは博物館や木立で提供されています。 最後に、少なくとも:多くはまた、あなたの物理的な幸福のために準備されています。 すべてのイベントで入場料は大人のための12ユーロ、6ユーロを削減しました。12歳未満の子供は入場無料です。(飲食はサイト一覧を参照) ご注意:Mittsommer@Mitsukoは「真夏のレミゼ」と同時に行われますが、今年は「真夏のレミゼ」の一部ではないので、引き分けのチケットは城ミツコには適用されず、その逆も同様です。

シンプルさへの道 15 – 裕元

今年のシンプルさへの道は「YUGEN – 隠された深さ」をテーマに このシンプルさへの道のりで、私たちは身近で新しい方法を通り抜けています。RAUM-for-RAUMデュッセルドルフとの協力を通じて、今年のシンプルさへの道は変革と同時に、5月17日に開催される展覧会「キューブ&ボックス」の再コーディングとなります。3月1日にデュッセルドルフにオープンしました。シュロスミツコでは、この世界が拡大しています。それはZENとすべての芸術の「オリジナルカラー」に再焦点を当て、他のアーティストを補完し、デュッセルドルフに戻って再びトランスコードされます… アーティストのリスト: 江古由香子、メラニー・バルサム・パラソール、ペトラ・ベンドルフ、カール=マイケル・コンスティエン、カイ・クイ/アンナ・レナ・アントン、福島節子、ハラルド・ホフマン、ライナー・ユングハンス、タクウェ・ケインダース、タカ・カギトミ、ギスー・キム、ミヨン・キム、ベルント・コムニック、ティム・クレゲル、ローレンツ・ラデロフ、ハインリッヒ・ヨハン・ラデロフ、リー 紹介はライナー・ユンガンス、キュレーターRAUM-for-RAUM、デュッセルドルフによって行われます。 今年のシンプルさへの道は5月8日に開きます。6月午後2時 展覧会は5月28日に終了します。2019年7月。

End of content

No more pages to load

Schloss Mitsuko - Deutsch Japanischer Freundeskreis Todendorf e.V. 2001-2021
%d Bloggern gefällt das: