カテゴリー

光子城

ミツコ城 – メクレンブルクの日本

博物館 – 遭遇の場所 – ドイツと日本のグローブ

 

ザ ミュージアム

光子城は日本の文化と現代美術の博物館です。日本の美術、民芸、陶芸、織物、日本図書館の大規模な日本コレクションを所蔵しています。このすべてから、このすべての一部は、すべての展覧会で常に見ることができます。 このコレクションには、多くの永久ローンと寄付も含まれています。地下室には、ディスプレイケースなどにセラミックコレクションがあります。球田光雄の作品。グラウンドフロアには、ハインリッヒ・ヨハン・ラデロフ教授と数人の日本人アーティストの作品が展示されています。

上の階には、ハインリッヒ・ヨハン・ラデロフの絵画、着物、民芸、演劇の小道具などの織物作品の常設展示のエリアがあります。日本と現代美術の一時的な展覧会もあります。

出会いの場所

裏千家茶学校京都と連携して茶道を開催。真夏のドローには、イベントのキャラクターに合わせた小さな茶道があります。城内には、来場者を歓迎するティールーム(コーヒーもあります)があります。

ニホンの木立

城の裏と建物の隣には「日本の森=日本の聖なる木立」があります。その中で、メクレンブルクスイスの植生は日本の植物と融合しています。石の構造、編み込まれた壁は、彼らがヨハ・ハインリッヒ・ラデロフ教授がこの技術を学んだアイヌの間で一般的であるように、鳥-i構造と神聖な木立を分割します。神道の木立を模した木立です。彼の精神の中で、すべてのものと霊に浸透する呼吸は、世界を動かすすべてのものが、彼らの場所を持っています。霊的、精神的な寛容と多様性の場所。静かで深く瞑想的な場所ですが、年に数回のイベントがステージ上で行われます。


光子城の創立と名称

歴史

ドイツ語の単語の歴史は美しくあいまいな言葉であり、伝えられる物語、今日「物語」という言葉で使うのが好きな物語、そして何が起こったかの反映として物語、すなわち「歴史」の最初の人であるワス・ヘロドトスが何を意味するのかを意味します。何が起こったかの目撃者のアカウントで。その意味で、ハインリッヒ=ヨハン・ラデロフは、日本と京都について語り、光子城の背景について語る。

カリン・アーレンスがハインリッヒ・ヨハン・ラデロフ教授と共に、オープン・カナル・ロストックの「ウィル・フォン・ハイア」プログラムのために行ったビデオインタビューで彼の発言を聞かせてください。


画家ハインリヒ・ヨハン・ラデロフ

1931年、ロストック近郊のプランジンドルフで生まれたこのアーティストは、1964年から数年前まで京都の大都市に住み、働いていました。世界中の美術館やギャラリーで数多くの展覧会を開催し、数々の賞や栄誉を受けました。

長い間、教授。日本で得た経験をドイツ国民に提供したいというラデロフの願い。故郷の近くで、彼はトデンドルフのベルリンの壁の崩壊後、それのための適切な場所を見つけました。国際的なアーティストや友人の助けを借りて、協会のメンバー、コミュニティ、地元企業、特にテテロー市の支援を受けて、特別な協力を得ました。ラデロフは、トデンドルフのドイツと日本の木立でプロジェクトシュロスミツコを設計し、実装します。

 教授。2007年、ドイツと日本の木立に新築の橋の上にハインリヒ・ヨハン・ラデロフ

ポルタ パテ コル マジス

私の人生の作品についてドクボク絵画
または沈黙の演習

»人生のタルトと真の美しさを見つける。神の呼吸に伴う明快さを求める。私の導くアイデアとしての無限の深さへの憧れ。形のない形で、有限のものの背後にある無限の精神。水の言いようのない孤独な色を見つけるために、無限の深さや孤独な山の形で元の形に手探り。それは、宇宙のタッチのように、静かで、孤独の声です。私はこの声が私の仕事に昇華しているのをよく聞いたことがある。創造の啓示と共に生きるために、すべての独断主義から自由な作品。これは私の要求であり、神の考えでは、カルマの意味で避けられない人間の運命への信仰の献身にあります。今日の市場価値と現代西洋の文化とは対照的に、その論理と弁証法を持つ。

瞑想と自己規律を通じて非常に多くの私はこの開発を達成しました。インクブラシの精神的なタッチは、その独特の外観の単純な自己否定によって表される絵画の方法。それは私の仕事であり、有形の外部のものではなく、私たちの生活の内側の可視性の表現です。実質的に他の世界の理解不能な精神を提示するために。この気分は今、私の独ボクの絵に反映されています。しかし、私が独特の自由を経験したのは、まさに私の魂の孤独の中でした。これが私にとって新しい力の可能性につながっています。静かな独自の洞察力、霊的な概念、精神的な目で。私は私の人生の来る年月をさまよいます。目の通知以上の」

80日ハインリヒ・ヨハン・ラデロフ 2011年4月26日春

ヴィータ・ハインリヒ=ヨハン・ラデロフ

個人について

1931年ロストック近くのプランゲルドルフ生まれ
ロンドンの芸術と仕事のマインツとチェルシー美術学校を訪問し、油絵を学びました
スウェーデン、イギリス、フランス、スイスに滞在し、ヨーロッパを旅行する研究
北アフリカ、エジプト、中東、インド、スリランカ、オーストラリア(4年)、ニュージーランド、南海、ニューカレドニア、アメリカ、カナダ、中国での研究
1964年 日本到着、京都に定住
京都大徳寺における禅学実習
様々な日本人マスターを持つ生徒としての入学
書道師匠との研究:書道
墨絵マスターの研究:インク絵
日本画マスターとの研究:日本の天然色素色画像
楽マスターとの研究:陶磁器
古代中国と日本のインク技術、特に書文、書通、五重、白院、八根川、千街、浦神玉門、鉄斎、横山操
独自のスタイルの長期的な発展
1979年 京都北部山脈のスタジオビル「高花三ブ」
1987年 独自の絵画学校の創立 »独ボク»
独北という名前は、京都の天良寺で、禅師平田れしによって検索され、与えられました。

2001年 日米友友協会の共同財団法人トデンドルフe.V.

2002年 トデンドルフマナーハウスの改修開始、旧マナーガーデンにおけるドイツ・日本の木立の展示用のリゾーニング。


スポンサー

スポンサーのリストは、古いウェブサイトのバックアップに含まれなくなったため、まだ非常に不完全です。我々は、様々なソースからそれらを再構築する過程にあります。

ドイツからのスポンサー:

フランツ・プリンツ・ツー・ザクセン=アルテンブルク +

カート・マズール教授 +

アドルフ・コツァウアー博士

ヘルマン・ラデロフとwww.racken.de

そして、より多くの

日本からのスポンサー:

アルカブト・トガク・カンバン

山田壮正(北河学会インク画家)

インク画家香取キンスイ、東京、

兵庫県出身のアーティスト、ドノムシュイ、

京都出身のテンプルビルダー立中正樹、

アーティスト教授。東京出身の丸山浩、

福島出身の陶芸家日下部

そして、より多くの。


アーティスト

シュロス・ミツコに出展したアーティストのリストは、常設コレクションまたはドイツと日本の木立の作品で表され、古いページのバックアップでは使用できなくなったため、再構成する必要があります。したがって、リストが決して完全ではないという事実をお詫び申し上げます。現場はまだ工事中です。

日本のアーティスト

球田光雄 (彫刻家)

林デカ正彦(イラストレーター、画家、写真家)

山谷義弘 (画家)

イジリ・シャウウェッカー(ミュージシャン、メゾソプラノ)

渡辺あずさ (ピアニスト)

桑原仙圭(生け花チャンピオン)

香取キンスイ

日下部正和

ローレンツ・ステファン・ラデロフ

本田真理子(埼玉)

桜井順子(大阪府)

梅田正江 (京都府)

江上博 (千葉県)

小林浩二 (東京都)

小アナ恵子 (絵画)

星聡 (絵画)

田中貴大 (インスタレーション)

ミキ・ユイ (サウンド・パフォーマンス)

 

ドイツおよびその他の国際的なアーティスト

クラウス・フェルカー

ハインリヒ・ヨハン・ラデロフ

ハートヴィヒ・ハマー

カール=マイケル・コンステン

アルミン・リーガー (セラミック)

ホルスト・クリューガー博士 (彫刻家)

ヘニング・シュミエト

ラルフ・テペル

ヘルムート・トールマン

ミカケラ・バーニング=トゥルニエ (絵画)

ヴォルフガング・ブロッカース(絵画・写真)

ティム・クレゲル (彫刻とグラフィック),

ピーター・メルケル (グラフィック),

ルネ・ライヒェンバッハ

ユート・ガルマイスター (絵画)

ノルベルト・イェーガー (彫刻)

ウィルフリード・デュエンテスター (彫刻)

ヘルマン・J・ミュルマン (水墨画)

クセニア・フォン・マルツァン (水墨画),

ベルント・コムニック (絵画)

ビーフィールド (絵画)

エルヴィラ・マルテンス

ティロパ(ティロ・ブルダッハ、禅フルートマスター)

アニタ・シューベルト

ルネ・ベル (絵画、ボルンハイム)

スザンヌ・マウラー (ベルリンの絵画)

フランツ・リーゲル(写真、クライン・マルコウ)

アデルハイト・サンドホフ(絵画、リナウ、スイス)

レナーテ・シュールマイヤー (絵画、ジース)

クラウス・ディーター・スタインバーグ(絵画、写真、ウィスマール)

ヨハネス・ダニエル・フォン・ステングリン (カッセル)

デニス・ヴィント・デュー(彫刻、インスタレーション、宿敵)

ヤン・ウレンブルック(カール・ゲルハルト・マイヤー)(1909-2000)、俳句)+

フォルカー・インボック (盆栽)

タクウェ・ケインダース (絵画)

カトリン・ラウ (絵画/彫刻)

クレメンス・ハインル (彫刻)

ガリーナ・スクリル (絵画)

ゾッペ・ヴォスクル

ラルフ・ウェドホルン

カースティン・ボルチャード

ウルリッヒ・レイムカステン (ドローイング)

ルイーズ・デヴェルニー

ユート・ラウ (絵画)

トーマス・レーニヒク

サビーヌ・ナウマン

ペトラ・スティーガー(絵画、グラフィック、インスタレーション)

クリスチャン・カブス (絵画)

アンドレ・ファン・ウエム (写真)

ペトラ・ベンドルフ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。