カテゴリー

財団

日独友人協会

2001年に設立されたこの協会は、極東とヨーロッパの文化の架け橋を築くことを目指しています。メクレンブルクに本拠を置くスイスのテテローの町の北にある村、トーデンドルフに位置しています。旧マナーハウスのトデンドルフと隣接するエステートパークは、日本とドイツの美術愛好家、レクリエーション探求者、アーティストのための仕事、展示会場、集会所の中心地です。

エステートパークは、ドイツと日本の木立に変わりました。木立は、日本庭園文化や庭園美術の要素と、風景や自然の現地の状況との共生を示しています。城と木立を訪れることができます。残留し、反映する多くの場所があります。日本人、ドイツ人、国際的なアーティストやパーソナリティとの様々なイベントは、城とヘインは芸術と文化との出会いの場になります。訪問は常に価値があります。
城と日独の木立の維持は大きな仕事です。したがって、協会は、任意の自発的なサポートに満足している、それは公園の世話に積極的な助けであろうと、城の保全における手工芸品のサポートが、もちろん、協会のサポートメンバーシップを通じて財政的支援またはあなたが仕事やイベントに感謝する場合は、1回限りの寄付。これについては、すぐに詳しく説明します。来月こちらに戻ってください。ありがとう。

ウェブサイトについてと2018年にこれまでに何が起こったか

シュロスミツコの新しいウェブサイトが具体化しています。イベント アーカイブを準備中です。古いページの一部しか利用できないため、さまざまなソースから収集する必要があります。

25日と共に GDPR(欧州一般データ保護規則)は、2018年5月1日に施行されました。プライバシーポリシーをお読みください

2018年の最初のイベント、カメリアフェスティバルは素晴らしい参加でした。彼らのすべてがホールに座ることができなかったので、カメリアショーの紹介は、同じく満員だったホールの前でもう一度繰り返さなければなりませんでした。上階の展覧会、アドリエンヌ・ジェルジの作品を展示した布展、城の大コレクションから選抜された着物展も大きな注目を集めました。

戦争、暴力、人種差別に対して – ポーラ:レクイエム
1898年5月1日 2018年5月、ラゲ近くのカミン近くの森で、石のポーラで戦争、暴力、人種差別に対する記念式典が行われました。寒い天候にもかかわらず、60人以上の訪問者が出席しました。

05.05に読む。アドリエンヌ・ジェルギ博士と共に そしてミツコ・ラデロフ

布展で2階で行われたドイツ語と日の読書には、多くのリスナーが入る余地がほとんどなかった。私たちは活気にあふれ、素晴らしい詩が多くの喜びをもたらし、日本に少し憧れを生み出したことを喜んでいました。

5月19日に展覧会「シンプルへの道」が出版されました。2018年5月オープンし、09まで実行されます。2018 年 9 月

非常によく出席したヴェルニサイジュで、展覧会シリーズ「シンプルへの方法」は14日に入ります。ラウンド。フォルカー・プロブスト博士(バーラッハ美術館のディレクターギュストロー)は、芸術哲学的詩的な方法で展覧会を紹介しました。ありがとうございました。

写真: R・レーミッツ

オープンガーデンデーのジャパンガーデニング

真夏のドローに備えて (23. 徳川武道と七夕(ともに07. 7月)は2018年9月6日に三光城で園芸を受けました。暑さのために、訪問は期待ほど強くはなかったが、多くは達成された。
いくつかの写真はここで見ることができます。


新しいウェブサイト

今後、サイトは三言語となり、ブラウザの言語を使用して自動的に英語または日本語に切り替わります。最初のページはすでにバイリンガルドイツ語と英語が実現しています。拡大に取り組んでいます。

ギャラリーの下には、城、ドイツと日本の木立やイベントの写真ギャラリーがあります。また、三湖城の常設コレクションに属する作品を展示したビジュアルアーカイブや、三湖城で行われたポスターやチラシをあしらった日独・日本の木立に立つ作品やアーカイブを制作しています。

さらに、Facebookページは引き続き利用可能です:フェイスブック上のシュロスミツコ。 

ラルフ・テペル、ウェブマスター、2018年3月


スポンサー

スポンサーのリストは、古いウェブサイトのバックアップに含まれなくなったため、まだ非常に不完全です。我々は、様々なソースからそれらを再構築する過程にあります。

ドイツからのスポンサー:

フランツ・プリンツ・ツー・ザクセン=アルテンブルク +

カート・マズール教授 +

アドルフ・コツァウアー博士

ヘルマン・ラデロフとwww.racken.de

そして、より多くの

日本からのスポンサー:

アルカブト・トガク・カンバン

山田壮正(北河学会インク画家)

インク画家香取キンスイ、東京、

兵庫県出身のアーティスト、ドノムシュイ、

京都出身のテンプルビルダー立中正樹、

アーティスト教授。東京出身の丸山浩、

福島出身の陶芸家日下部

そして、より多くの。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。