カテゴリー

徳川武道 07. 2018 年 7 月

徳川武道 2018年7月7日午後3時

トデンドルフのドイツと日本の木立は、熟考と反射の平和な場所です – それは美術に捧げられています。しかし、年に一度、カタナはここで描かれ、男との戦いの男で:7日に。2018年7月 PSVコットバス'90 e.V.の武道部の徳川グループを持っています。ミツコ城にて。侍の剣闘の規律はコットブスに多くの信者を持っています。

今週の土曜日、ドイツ・ジャパニーズ・グローブのトデンドルフへの剣のヒスティングに振り回されましょう。イベントは、ドイツと日本のグローブで午後3時に始まります。入場料: 3,- ユーロ/エルウ. – 城や木立のために. 日本茶、コーヒー、自家製ケーキを提供しています( ポスター)。イベントは屋外で行われ、悪天候時にキャンセルしたり、城の部屋に移動することができます。

「剣引きの芸術」であるアイアドは、武士の古い戦士カーストの武術の結果です。エクササイズの剣イアイタや伝統的に鍛造された長剣であるカタナとの集中演習は、本物の剣の戦いの状況からの抜粋です。取り扱いの精密および速度は熟練したアイドカを特徴づける。

「剣の道」であるケンドは、武士が学んだ近代的な日本の剣闘です。剣闘の技法や戦術に加え、剣士はケンダを通じて人格力、決意、道徳的な強さを経験する。競技では、竹刀「しない」で4つのヒットゾーン(頭、前腕、胴体、喉)の1つを打つことです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。