カテゴリー

Mittsommer@Schlossミツコ

今回は三光城の真夏のプログラムが非常に広いです。

城に止まるライナー・ユンハンスによるモンバサ海運プロジェクトを発表できることを嬉しく思います。

同時に、フェスマン氏とグローブの大石の集落の間の道でスティントを体験することができ、日本のサウンドアーティスト、カギトミは日本の木立の死んだ部族から健全なインスタレーションを構築します。

5月8日に開催RAUM_FÜR_RAUMデュッセルドルフと共同で開催された展覧会「シンプルさへの道 – ユーゲンはキューブ&ボックスを満たしています。.」 2019年6月にオープンします。

「小さな」茶道に参加できます。これらは午後2時、午後3時、午後4時に行われます。

もちろん、ガイド付きツアーは博物館や木立で提供されています。

最後に、少なくとも:多くはまた、あなたの物理的な幸福のために準備されています。

すべてのイベントで入場料は大人のための12ユーロ、6ユーロを削減しました。12歳未満の子供は入場無料です。(飲食はサイト一覧を参照)

ご注意:Mittsommer@Mitsukoは「真夏のレミゼ」と同時に行われますが、今年は「真夏のレミゼ」の一部ではないので、引き分けのチケットは城ミツコには適用されず、その逆も同様です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。