Monat: Dezember 2019

ミツコ城からの円形の手紙

親愛なるメンバー、シュロスミツコの親愛なる友人。 ミツコ城の2019年は終わりを迎えます。それは上昇と下降の年でした。それはラデロフ教授の脳卒中のニュースとクリニックとリハビリでシーズンの開始前に始まりました…三ツ子城の歴史の中で初めて、ラデロフ教授がいなくてもシーズンを開けなければならず、ロストックの集中治療室で、木立の中の茶室が実際に今年建てられるという重要な約束をしました。大きな挑戦は、オープンモニュメントの日、すなわち週末07まで日本からティーマスターの到着までそれを終わらせることだったので、大きな挑戦でした。/ 08.09.2019, 茶道で発足する可能性があります.  ペンテコステの後の火曜日に、私たちは長年保存されていたバウアー・ハネブリンクの納屋から木材を取りました。もともと作成された木製のリストに比べて、在庫はかなり縮小していました。それにもかかわらず、私たちは本質的に古い設計図に従いたいと思っていましたが、多くの変更を加えました。この主要プロジェクトのリソースは限られていました。しかし、ローランド・ヘルフェルト、ハインツ・ヘルフェルト、アンドレアス・マーンケ、ユルゲン・クリマシュ、インターンのニコの協力を得て、プロジェクトを実現することができました。3つのはしごと足場で、私たちは純粋な建設時間のわずか2ヶ月で茶室を建てました。来年は、屋根に木の帯状疱疹を持ち込む、後壁にガラスクラッディングを入れるなど、さらにいくつかの作品が必要です。しかし、それは耐候性であり、すでにいくつかの嵐を風化させてきました。 ミツコとローレンツを通じてラデロフ教授の挨拶と共に、ギスー・キムとアルミン・リーガーによる素晴らしい成功を収めた二重展と、アンドレの入門講演によるツバキの花展でシーズンを開きました。日焼け。その祭りは非常に良く出席した。  1日に 5月1日、カミン近くの森のパウラ記念館には多くの来場者が訪れました。記念式典はトロンボーン合唱団を伴い、森の中で合同ピクニックで締めくくられました。 第15回 シンプルさへの道は「玉元」をテーマに、今回はデュッセルドルフの「宇宙空間」との協力の影響を受けました。キューブ&ボックスはデュッセルドルフから「ユーゲン」に変更され、多くのアーティストの作品によってここに拡張され、変更された形でデュッセルドルフに戻りました。会期中、三光城の来場者が他のドローの場所を非常に小さな範囲で訪れたことが明らかになったので、今年初めて抽選から外れました。今年は2枚しか引き分けに来て、引き分けの一部ではないことを完全に理解していました。その代わりに、石の音、カギトミタカの音彫刻、11月の初めまで城にあったライナー・ユングハンスのモンバサ・シッピング・プロジェクト、茶道など、強力で大きなプログラムを提供しました。これで私たちは多くのゲストを引き付けることができました。幸いなことに、ラデロフ教授はこの特別な機会に数時間リハビリから取り出すことができました。数日後、彼はテュールコウの古いマナーハウスの階段が管理できなかったので、彼はリハビリから障害者のための新しい家に解放されました。そんな風にうまくいったのは信じられないほど美しい幸運だった。 今年は旅行代理店を通じて企画されたツアーグループがいくつかありましたが、2020年にはすでに予約が入っています。また、ペンテコステでは、NDRやクラブ誌のインタビューでシュロス・ミツコの広告を出したオールドティマー・ラレー(ドイツ中の車両を持つスパイダークラブ)を訪れました。2020年のジャガークラブを期待し、楽しみにしています。また、グライフスヴァルト大学の歴史学部に1日のゲストとしてカレッジを持っていました。 今年の後半は七夕(07.07.)から始まり、日本人の家族も城を訪れました。日本展IIは、紙、紙、インク、書道、折り紙など、あらゆるものに捧げられました。  非常に瞑想的で非日常的な日は長崎記念日で、長崎市が数年前に原爆の主題について宣伝した世界俳句賞のテキストを国連俳句賞から、そして2冊の本から、調査結果に関する文章を書きました。広島と長崎、日本語(ローレンツ・ラデロフ)、英語、ドイツ語。鐘の鼓動も深く瞑想的で、1時間以上続いた。 今年も武道のコットブスもゲストとなり、今回は剣道や居合道で芸術を発表しました。観客に近いため、これは非常に激しかったです。ワークショップはその後、リンデの牧草地の外で行われました。それは事実上すべての訪問者に熱狂的に受け入れました。 9月には、新しい茶室で茶室と茶道の発足をもたらしました。二人の茶師は、アイデアと茶室の建設に熱心でした。自費で日本から帰国した2人の小さな観光番組の後、オランダのパートナーミュージアムに行ってライデンのシーボルト・ハウスへ。そこで、2人のティーマスターとローレンツ・ラデロフとの茶道を祝いました。イベントは完全に予約されただけでなく、関心が大きかったです。  カムリエンフェスト2020まで開催されるシーズン最後の展覧会は、10月3日に福島節子:オルタナティブ植物学の展覧会が始まりました。 全体的に、今年は非常に成功した年でした。8月からシーズン中に営業時間を変更しました。月曜日のみは火曜日から日曜日までは午後1時から午後5時まで営業しています。3月から3月31日まで。10 月。冬季は予約制です。これは、木立の集中的なケアを受ける合計3人のプロのボランティアの雇用によって可能になりました。 今後2年間、私はプログラムに集中的に取り組んでおり、2020年と2021年に再び特別なイベントを提供することをすでに嬉しく思います。2021年には、三湖城と日独友好年の二重記念日も20周年を迎えます。この目的のために、我々は多くのハイライトと特に広範なプログラムを紹介します。 ツバキ祭り 2020 – 28.03.2020とフィニッセージ展 福島節子 ポーラ – 人種差別、戦争、暴力に対する思い出 01.05.2020 シンプルさへの道 16: ひしり – 非思考の理由から考える – 2020年5月31日 Mittsommer@Mitsuko、とりわけ ひしよとコンサート 七夕07.07。2020  日本展III:ラデロフコレクションの陶磁器 – 01.08.2020 長崎記念日 09.08.2020 徳川武道 – 剣道・家道 15.08.2020 茶道 12.-13.09.2020 個展 03.10.2020  ライトとライトから III 29.11.2020 – 31.03.2021 ウェブサイトは絶えず拡大されています。それは今、三リンガルです。  シュロス・ミツコが留まり、繁栄するために取り組んでいます。したがって、可能な限り作業をサポートしてください。 私たちは、城が今年も多くの訪問者に到達することができたことを嬉しく思います, また、城を訪問し、今年後半に訪問するグループの全体のシリーズ. 次回のご来場をお待ちしております。  皆さん、熟考の時間と良い健康な年2020を願うのは私のおかげです。 心から、ラルフ・テペル

Weiterlesen

Circular letter from Mitsuko Castle

Dear members, dear friends of Schloss Mitsuko. The year 2019 at Mitsuko Castle is coming to an end. It was a year of ups and downs. It started before the start of the season with the news of Professor Radeloff's stroke and with clinic and rehab… For the first time in the history of Mitsuko Castle, we had to open the season without Professor Radeloff being there and I made him the important promise in the intensive care unit in Rostock that the tea house in the grove will actually be built this year. A huge challenge, because the goal was to finish it until the arrival of the tea

Weiterlesen

Rundbrief von Schloss Mitsuko

Liebe Mitglieder, liebe Freundinnen und Freunde von Schloss Mitsuko. Das Jahr 2019 am Schloss Mitsuko neigt sich dem Ende zu. Es war ein Jahr mit Höhen und Tiefen. Es begann noch vor dem Saisonbeginn mit der Nachricht vom Schlaganfall von Professor Radeloff und mit Klinik und Reha… Zum ersten Mal in der Geschichte von Schloss Mitsuko mussten wir die Saison eröffnen, ohne dass Professor Radeloff dabei war und ich habe ihm das wichtige Versprechen auf der Intensivstation in Rostock gegeben, dass in diesem Jahr das Teehaus im Hain tatsächlich gebaut wird. Eine riesige Herausforderung, denn das Ziel hieß, es soweit fertig zu stellen bis zum Eintreffen der Teemeisterinnen aus Japan

Weiterlesen
%d Bloggern gefällt das: