Monat: Juni 2018

徳川武道 07. 2018 年 7 月

徳川武道 2018年7月7日午後3時 トデンドルフのドイツと日本の木立は、熟考と反射の平和な場所です – それは美術に捧げられています。しかし、年に一度、カタナはここで描かれ、男との戦いの男で:7日に。2018年7月 PSVコットバス'90 e.V.の武道部の徳川グループを持っています。ミツコ城にて。侍の剣闘の規律はコットブスに多くの信者を持っています。 今週の土曜日、ドイツ・ジャパニーズ・グローブのトデンドルフへの剣のヒスティングに振り回されましょう。イベントは、ドイツと日本のグローブで午後3時に始まります。入場料: 3,- ユーロ/エルウ. – 城や木立のために. 日本茶、コーヒー、自家製ケーキを提供しています( ポスター)。イベントは屋外で行われ、悪天候時にキャンセルしたり、城の部屋に移動することができます。 「剣引きの芸術」であるアイアドは、武士の古い戦士カーストの武術の結果です。エクササイズの剣イアイタや伝統的に鍛造された長剣であるカタナとの集中演習は、本物の剣の戦いの状況からの抜粋です。取り扱いの精密および速度は熟練したアイドカを特徴づける。 「剣の道」であるケンドは、武士が学んだ近代的な日本の剣闘です。剣闘の技法や戦術に加え、剣士はケンダを通じて人格力、決意、道徳的な強さを経験する。競技では、竹刀「しない」で4つのヒットゾーン(頭、前腕、胴体、喉)の1つを打つことです。

Weiterlesen

Tokugawa Martial Arts 07. July 2018

Tokugawa Martial Arts on July 7, 2018, 3 p.m. The German-Japanese grove in Todendorf is a peaceful place of contemplation and reflection – it is dedicated to the fine arts. But once a year the Katana are drawn here, in the fight man against man: On the 7th. July 2018 we have the Tokugawa group of the martial arts department of PSV Cottbus '90 e.V. at Mitsuko Castle. The sword-fighting disciplines of the Samurai have many followers in Cottbus. Let yourself be shaken by the hissing of swords – this Saturday in the German-Japanese Grove to Todendorf is combative. The event starts at 3 p.m. in the German-Japanese Grove. Admission:

Weiterlesen

Tokugawa Kampfkunst 07. Juli 2018

Tokugawa Kampfkunst am 07.Juli 2018,  15 Uhr Der Deutsch-Japanische Hain in Todendorf ist ein friedvoller Ort der Einkehr und Besinnung – geweiht ist er den schönen Künsten. Doch einmal im Jahr werden hier die Katana gezückt, im Kampf Mann gegen Mann: Am 7. Juli 2018 haben wir die Tokugawa-Gruppe der Abteilung Kampfkünste des PSV Cottbus ’90 e.V. im Schloss Mitsuko zu Gast. Iaidō (居合道) und Kendō (剣道), die Schwertkampfdisziplinen der Samurai, haben in Cottbus viele Anhänger. Lassen Sie sich aufrüttelen vom Zischen der Schwerter – an diesem Sonnabend geht es im Deutsch-Japanischen Hain zu Todendorf kämpferisch zu. Die Veranstaltung beginnt um 15 Uhr im Deutsch-Japanischen Hain. Eintritt: 3,- Euro/Erw. –

Weiterlesen

2018七夕

七夕 7ヶ月目の7日目の夕方に祝います。 この日、二人の星のウェガ(星空のイメージライアー)とアルテア(スター画像アドラー)が空で出会います。彼らは天の川で分離されていません。 中国出身で七夕祭りの後ろにある神話の物語は、一言で言えば、「天の神の娘織姫は勤勉な織り手でした。仕事から転替をするために、父親と牛飼いの彦星さんと結婚した。二人は仕事のことを忘れてしまいました。彼はこれに激怒し、彦星を大河(天の川)の向こう側に追放した。しかし、彼らはまだ悲しみで働くことができなかったので、彼らは年に一度、七夕で会うことを許されました。(ウィキペディア) だから、今年の三ツ子城では、願いのリボンが再び竹に結び付けられ、充実を願って。 ミツコ城の木立の午後6時から。

Weiterlesen

2018 Tanabata

Tanabata Celebrated on the seventh evening in the seventh month. On this day, the two stars Wega (starry image Leier) and Altair (star image Adler) meet in the sky. They are not separated by the Milky Way. The mythological narrative, originally from China and behind the tanabata festival, is in a nutshell: "Orihime, the daughter of the heavenly god, was a hard-working weaver. In order to give her a change from work, she was married by her father to the cattle herder Hikoboshi. They were so in love that they both forgot about their work – the cattle got sick and the heavenly god didn't get any new clothes. He was

Weiterlesen

Tanabata 2018

Tanabata Am siebenten Abend im siebten Monat gefeiert. An diesem Tag treffen sich die zwei Sterne Wega (Sternbild Leier) und Altair (Sternbild Adler) am Himmel. Sie sind nicht durch die Milchstraße getrennt. Die mythologische Erzählung, die ursprünglich aus China stammt und hinter dem Fest Tanabata steht ist kurz gefasst diese: „Orihime, die Tochter des Himmelsgottes, war eine fleißige Weberin. Um ihr Abwechslung von der Arbeit zu geben, wurde sie von ihrem Vater mit dem Rinderhirten Hikoboshi verheiratet. Sie waren so verliebt, dass beide darüber ihre Arbeit vergaßen – die Rinder wurden krank und der Himmelsgott bekam keine neuen Kleider mehr. Darüber war er so erbost, dass er Hikoboshi auf die andere Seite des großen Flusses (die

Weiterlesen

真夏-レミセ23。2018年6月

真夏-レミセ2018、23。2018年6月13日 18:00~ 一年の(ほぼ)最短の夜は最も長い日になります。真夏のレミゼは23日に。2018年6月。 三ツ子城では、午後3時から10時までの城や日系木立の案内ツアーや、京都近郊の有名な宇治栽培地の日本茶専門抹茶を思わせる小さな茶道にご案内します。 木立の石灰の木の下の石のオーブンで、熱いブリキの和食の焼きおとみさんが午後4時からお客様に用意されています。 午後6時と午後7時30分には、日本のサウンドアーティストで作曲家の美木結衣さんがニューアルバム「ミルズ」(デュッセルドルフ、ケルン、ロッテルダム、バーミンガム、ロンドン)のサウンドパフォーマンスを体験できます。 デトレフ・ヴァインリッヒは、彼女の新しいアルバム「ミルズ」(ミルズ・オブ・ライフ)について書いています:「誇張されたものは何でも問題ではありません。(…)物事は慎重だが力強い方法でお互いに話す。まるで風と話す葉、ミツバチとミツバチ、ミツバチが太陽と話しているのが聞こえるかのようです。それは、私たち全員が認識すべきことを証明し、主張しますが、しばしば無視されます:すべてが接続され、奇跡的に互いに依存しています。この全て」  

Weiterlesen
%d Bloggern gefällt das: