Kategorie: Allgemein

ポーラ – 記憶

エルブニッセ・フォン・クリーグ、ゲウォルト・ウント・ラシスムス・ベゲグネテン教授 ハインリヒ・ヨハン・ラデロフは、同級生のポーラと別の22人の死のパラダイムを語った。この上に、彼は2004/05にヘニング・シュミエトによって音楽に設定され、ベルリンとブレーメンで初演されたレクイエムを書きました。rbbはこの作品を記録した。バウアースタジオのニュークランカタログではまだ入手できます。 これらの考えや経験のうち、教授。ラデロフは、戦争、暴力、人種差別に対するサインを設定するために、ラゲの近くのカミンの近くの森に石を取り、多くは彼の模範に従い、小さな石の丘の真ん中に立って小さな石を置きました。 戦争、暴力、人種差別に対する毎年の記念式典を開催しています。 私たちは心からそうするようお招きします。

Weiterlesen

福島節子のフィニセージ代替植物学

一見すると、作品は自然史博物館から来ているようです。彼らは準備として自分自身を提示します。シンプルな木材で作られた展示ケースや箱は、多くのショーケース、本の山、細線の図面を作成したジョセフ・ブイの作品の形で平行線を示しています。ただし、コンテンツのアクセントはまったく異なります。福島節子の作品は、特に植物学と自然との対決にアーティストが関わっているコンテンツの点で異なる方向に向かっています。それは、保存、変更、形状、驚くべき接続を作成し、紙、陶磁器や木材、割り当てと並立のために、自然を横断するのに役立つすべての天然素材で動作します。オブジェクトは、なじみ深いと同時に、異種のように見えます。彼らは自然な文脈から切り離され、一種の科学的精度で隔離され、芸術品との歴史的、文学的、絵画的なつながりを形成することによって、芸術的な洞察力に至り、垣間見ることができます。、自然の芸術的な世界への窓、成長し、人工的に作成された1つのユニットにマージ。このように、視聴者は明らかに知られているものに驚くべき洞察を受け取ります。 本は本、本です。そうでないか?福島節子では、窓になり、小さな円形の景色を持つ物体、開いた本の前の窓は部分的にしか透明ではなく、本は視聴者にその内容を開きますが、完全に見えず、完全にアクセスできない、常に透明性と隠された漂白剤の間のゲーム、そして1つは本当にそれを見て、自然が1に向かって成長する小さなセクションで。このカタログのタイトルに見られるこの作品は、福島節子の作品の特徴であり、同時にアーティストの世界観の特徴であり、世界や環境全般に関する人間の知識の特徴としてもある。無知のベールは、存在と無、豊かさと空虚が一緒に属しているので、すべての知識の上に残ります。作品は細かく繊細で、何も抵抗せず、何も勇敢でなく、何も主張せず、むしろ空間が彼らに形を与えます。空虚は形態を満たし、表示ケースは、形のための空間内の空間であり、人工的および芸術的に自然のための宿泊施設である。 ラルフ・テペルアーティスティック・ディレクション・シュロス・ミツコ

Weiterlesen

長崎記念

近年の広島の日に式典が行われた後、今年は長崎の日を記念して選びました。もちろん、広島、長崎、福島を記念しています。今年は長崎市の俳句賞の朗読があります。

Weiterlesen

日本展II – ペーパーアート

今年は、日本展で紙に焦点を当てます。私たちはコレクションで再びあなたのために興味深いものを検索し、多くを収集しました。びっくりさせなさい。展覧会は28日まで。2019 年 9 月

Weiterlesen

七夕 7. 2019年7月、午後4時

日本のコミュニティは、日本のロマンチックな星ライ祭り「七夕」というこの日を広く祝います。ウェガとアルテアの二人の星は、今、会社でしか会っていない。伝統によると、彼らは天の川によって分離されなければならないカップルです。日本では、この日にそれを必要とするすべての人を望むのが習慣です。

Weiterlesen
%d Bloggern gefällt das: