Uncategorized


  • 2019 Camellia Festival

    When the tsubaki camellia shrubs bloom, the tsubaki Matsuri camellia festival is celebrated in Japan. The tea shrub plant, which is native to East Asia, has great symbolic significance. If the plant loses its mostly red petals in winter, the petals lying in the snow are reminiscent of spilled drops of blood – a symbol of death and transience. Numerous species of this Japanese treasure can also be admired in Todendorf at the beginning of April in the most beautiful bloom. For the spring flowering of the Camelia japonica we celebrate on the 30th. The first festival of the year will take place on March 1, 2019 from 2 p.m. […]

  • 2019ツバキ祭り

    椿の低木が咲くと、日本で椿まつりツツバキ祭りが祝われます。東アジア原産の茶低木植物は、大きな象徴的な意義を持っています。植物が冬に主に赤い花びらを失った場合、雪の中に横たわっている花びらは、血のこぼれた滴を連想させる- 死と一過性の象徴。 この日本の宝物の数々は、最も美しい花の4月の初めにトデンドルフでも賞賛することができます。カメリアジャポニカの春の開花のために、我々は30日に祝います。今年の第1回フェスティバルは、2019年3月1日午後2時からミツコ城と日刊・グローブで開催されます。 アンドレ・トライヒェルは、ビーマーのプレゼンテーションでツバキの紹介を提供します。 同時に、キム・ギスーの「タグ・ドリームス」とアルミン・リーガーの「トン・スパーン」の展覧会も開かれる。

  • Gisoo Kim Day Dreams

    The artist Gisoo Kim has developed an extraordinary technique of her own to transform photography into new image worlds: "Photo-Stitching" In the process, images and image elements are sewn and pierced and sewn through. Images reveal completely new worlds and convey messages of dreamlike stagings. The artist will be present for the opening. The exhibition will be opened for the Camellia Festival and will be open until the 26th. May 2019.

  • ギスーキムデイドリームズ

    アーティストのギスー・キムは、写真を新しいイメージの世界に変える独自の特別なテクニックを開発しました:「フォトステッチ」 その過程で、画像や画像要素が縫い付け、ピアスされ、縫い付けられています。画像は全く新しい世界を明らかにし、夢のようなステージングのメッセージを伝えます。そのアーティストはオープニングのために出席します。 展覧会はカメリアフェスティバルのために開かれ、26日まで開かれます。2019年5月。

  • Paula – a remembrance 1. May 2019

    Die Erlebnisse von Krieg, Gewalt und Rassismus begegneten Prof. Heinrich Johann Radeloff paradigmatic in the death of his schoolmate Paula and another 22 people. above this he wrote a requiem, which was set to music by Henning Schmiedt in 2004/05 and premiered in Berlin and Bremen. The rbb recorded this work. It is still available in the Neuklang catalogue of Bauer Studios . Out of these thoughts and experiences, Prof. Radeloff took a stone in the forest near Cammin near Laage to set a sign against war, violence and racism, many following his example and laying small stones around, so that the obelisk stands in the middle of a hill […]

  • ポーラ – 思い出 1. 2019 年 5 月

    エルブニッセ・フォン・クリーグ、ゲウォルト・ウント・ラシスムス・ベゲグネテン教授 ハインリヒ・ヨハン・ラデロフは、同級生のポーラと別の22人の死のパラダイムを語った。この上に、彼は2004/05にヘニング・シュミエトによって音楽に設定され、ベルリンとブレーメンで初演されたレクイエムを書きました。rbbはこの作品を記録した。それはまだバウアースタジオのヌクランカタログで入手可能です. これらの考えや経験のうち、教授。ラデロフは、戦争、暴力、人種差別に対するサインを設定するために、ラゲの近くのカミンの近くの森に石を取り、多くは彼の模範に従い、小さな石の丘の真ん中に立って小さな石を置きました。 戦争、暴力、人種差別に対する毎年の記念式典を開催しています。 私たちは心からそうするようお招きします。

  • Of Lights and False Lights – Land ART in the Japanese Grove

    From Sunday, December 2, 2018, a special light art can be seen in Ralph Tepel's grove with little artificial light and bright lyrically reminiscent of false lights. You can interact with the effects themselves by lighting the light rods with your smartphone or flashlight, then the glow is amplified because they only store the daylight for the night and then release it… Experience the grove in a completely different way than during the day. The installation can be seen until the beginning of the new year. Open on weekends in the evening from nightfall. Bring flashlights and sturdy footwear for your safety. The paths may also be slippery. Walking the […]

  • 光と偽りの光の – 日本のグローブのランドアート

    2018年12月2日(日)から、ラルフ・テペルの木立では、人工光がほとんどなく、誤った光を思わせる明るいリヤリで特別な光のアートを見ることができます。あなたはスマートフォンや懐中電灯でライトロッドを点灯することにより、効果自体と対話することができ、彼らは夜の日光を格納し、それを解放するので、輝きを増幅します… 日中とは全く違う方法で木立を体験してください。インストールは、新年の初めまで見ることができます。 週末は夜から営業しています。あなたの安全のために懐中電灯と丈夫な履物を持参してください。パスが滑りやすいこともあります。特に暗闇の中で、自分の責任で木立を歩く。

  • From silks, blades and vessels… – the Radeloff Collection

    The exhibition runs until 03. March 2019. Until 30.11.2018 it can be seen at the usual opening hours Saturday and Sunday 1-5 pm. (From 30.11. it is only open by appointment.) On 15.09.2018 at 3 p.m. the exhibition opens, which shows the diversity of the Radeloff Collection.

  • 絹、刃、容器から… – ラデロフ・コレクション

    展覧会は03までです。2019年3月。30.11.2018までは、土曜日と日曜日の午後1-5時に通常の営業時間で見ることができます。(30.11から。予定でのみ開いています。 2018年15月9日午後3時、ラデロフコレクションの多様性を示す展覧会が開きます。